代表的な顔の形や眼鏡のフレームの種類は?

メガネ選びには顔の形が重要となる

自分にあったメガネのフレーム選びにおいて、最も重要となる要素の一つに、顔の形があります。人間の顔の形は大きく分けて、面長や逆三角形、丸顔と四角顔の4種類に分類されます。最初に自分がどんな顔の形に分類されるのかを把握しておくと、自分にあったフレーム選びが、極めてわかりやすくなるといった特徴があります。一般的な印象として、自分の顔の形とは異なるタイプのフレームを選ぶと、他人から見た時に似合っていると言われやすくなります。

理想的な眼鏡のフレーム選びの基準としては、眉と瞳に加えて、顔幅という3つの要素が大きく影響します。とりわけ、顔幅はフレーム選びにおいて大きなウェイトを占めているため、自分の顔の形を把握していく作業は非常に重要となります。

顔の形を考慮したフレーム選びの一例

顔の縦幅が比較的長いため、人からスマートな印象を与える面長の人には、リムの縦幅が長いため、顔の長さを気にしなくなるウェリントン型のフレームがおすすめです。一方で、スッキリとした顔立ちが特徴の逆三角形タイプの顔型には、丸みのあるオーバル型のフレームを選ぶと、柔らかい顔立ちという印象を他人に与えます。顔の縦と横の長さの比率が小さいため、柔らかい印象を与える丸顔の場合、スクエアのような角ばったフレームを選ぶと、シャープな印象を与えられます。

クールな印象を受けるものの、角ばった顔が特徴となる四角顔のタイプの人は、ラウンドやボストンのような丸みのあるフレームを選ぶと、スッキリとした顔立ちに変わります。顔の形に基づいたフレームを選ぶ場合、さらに、フレームの太さやフロント部分の枠、素材選びも重要となってきます。

めがねはさまざまな価格帯で販売されています。安いものが悪いかといえば決してそうではありません。価格の安いものは洋服のようにいくつも揃えてその日の気分で身につけることができます。